bootcampのWindows8を使いやすくするための設定(トラックパッド編)

MacBookAirにWindows8をインストールして使っていますが、OSによって操作方法が若干違うために使っていて違和感を感じることがよくあります。特に、Macではトラックパッドのスクロール方向をナチュラルにしているので、Windows8のスクロール方向とは逆になってしまい、OSをスイッチする度に「あれ?スクロール方向はどっちだったかな?」と混乱してました。

そんな状況を打開するために私がした3つの設定を紹介します。すべて余計なソフトは使っておらず、設定方法も簡単です!

 

Windows8 +8.1でトラックパッドの操作をMacに近づける設定手順

まず、設定をする前に前提として、Apple Multitouch がインストールされている必要があります。インストールされているかどうかを調べるには、[デバイス マネージャー]から[ヒューマン インターフェイス デバイス]を選択し、その項目の中に Apple Multitouch があるかどうかで確認ができます。もしなければこちらからダウンロードできます。(ダウンロードしたファイルを解凍し実行するだけでインストール完了。)

 

1. タップでクリックをWindowsで実現するための設定

MacBookAir のトラックパッドは意外と固くてクリックするのが少し大変だったりします。Macの「タップでクリック」ができれば便利なのでWindowsでも使えるようにしてみましょう。

  1. デスクトップ画面右下のタスクバーから[BootCamp コントロールパネル]を開きます。
  2. ポップアップメッセージが表示されますので、[はい]を選択しましょう。
  3. トラックパッドタブを選択し、1本指の操作の[タップでクリック]にチェックを入れます。

チェックを入れて数十秒後に[タップでクリック]が出来るようになります。

 

2. Windowsでナリュラル方向のスクロールを実現するための設定

OSを切り替える度にスクロール方向が違うと大変なのでMacのナチュラル方向に統一しましょう。

  1. スタート画面から「Regedit」と入力してEnterキーを押します。
  2. ポップアップメッセージが表示されるので[はい]を選びましょう。
  3. 左側のツリー上の項目から、[HKEY_LOCAL_MACHINE] [SYSTEM] [CurrentControlSet] [Enum] [HID]の順に展開します。
  4. VIDから始まる項目が複数表示されるので、すべて展開して中に含まれる[Device Parameters] を表示させます。(全ての項目に[Device Parameters]があるとは限りません。)
  5. それぞれの[Device Parameters]をクリックし、右側に[FlipFlopScroll]と[FlipFlopWheel]が表示されればそれをダブルクリックし、値のデータを[0]から[1]に書き換えます。

これでコンピュータを再起動すれば、ナリュラル方向へのスクロールが出来るようになります。

 

3. スクロールの滑らかさを出来るだけMacに近づける設定

WindowsでMacでスクロールの滑らかさもかなり違います。あのヌルヌル感はMacの醍醐味の一つですよね。

  1. “command + w” を押すと検索バーが表示されますので、「マウスホイールの設定」と入力します。
  2. 検索結果に「マウスホイールの設定の変更」が表示されますのでクリックします。
  3. 垂直スクロールと水平スクロールの値を[1]に設定して「適用」をクリックします。(デフォルトは[3]になっています。)

これで少しはMacの滑らかさに近づいたのではと思います。

 

まとめ

今回、BootCampのWindows8を快適に使うために私が実際にしている設定を3つ紹介しました。もし他にも「こんな設定があるよ」っていうのがあれば教えてください。

1件のコメント

Leave a Comment.